捨て猫を拾った話

保護猫

f:id:hamatimaruisaki:20180718192348j:image

2017年の夏、スーパーの帰り道、死にかけたネコを見つけた。

見て見ぬこともできず、迷うことなくその子猫に歩み寄りました。が、めっちゃノミがいる~~~~~かゆい~~~~~

上の方に小さな黒いつぶ 見えますか?これがノミ!!100匹はいたよ!!

このままじゃ絶対に死ぬと思ったので、とりあえず抱っこして家に連れて帰りました。

ノミに血を吸われすぎて危険だと判断し、同居人はバリカンを買いに。私は水を飲ます。手で直接あげるとなんとか飲んでくれる。

そしてノミを除去すべく、剃る!無抵抗の猫の毛を!

後々病院の先生から 剃った判断は正しいといわれました。やっぱり大量のノミが血を吸ってて貧血状態だったんですって。「虐待されたみたいですが(笑)」だなんて、先生笑いながら・・・笑いごとじゃないよ~~

なんとかご飯を喰らう。猫というものは 餌を食べる時一旦床に置くのが主流なの?

f:id:hamatimaruisaki:20180718192705j:image

翌朝 急いで動物病院へ連れていくと先生から「かなり弱っています。もう長くはない」とのこと。とりあえず1週間分の療養食を購入。

最近はちゅーるとかでも総合栄養食が出てるからエサ食べてくれない場合はオススメです。ちゅーるの食いつき半端ない。

そして衝撃の事実・・・

先生「この猫、もう10歳くらいですねえ」

え・・・子猫じゃないの?!実家の猫(メインクーン)と比べると遥かに小さかったからわからなかったよ

f:id:hamatimaruisaki:20180718193201j:image

ほーら!生後半年での大きさ!画面に収まってすらいないね!可愛いです。

初めは療養食だけをあげていたのですが中々食べない。

ちゅーるを混ぜてみるともぐもぐ食べるようになりました。

お医者様からも もう長くないと言われたし、正直1週間持たないのじゃないかと思っていたのですが

我が家に来て、今年で祝1年記念日を迎えました。

まんまると太っていったのと瞳孔が開きっぱなしで丸いので” まるちゃん ” と命名しました。これからは我が家でゆっくり過ごしてね。

f:id:hamatimaruisaki:20180718194102j:image

コメント

タイトルとURLをコピーしました